導入・運用サポート
導入事例

株式会社博多三氣様

もっと早く出逢えてたら・・・加速する店舗展開、 企業の成長を支えるASPITシステム!

2008年10月、九州産の食材にこだわった安くて毎日食べても飽きないラーメンを提供したいと代表取締役岩本社長の思いから「博多三氣」をオープン。替玉という博多とんこつラーメン独自のシステムを10円で提供するという業界を震撼させた戦略を基に福岡県内に店舗を展開。ラーメン雑誌の人気投票第2位にも選ばれ、福岡県外にも認知されるようになり他県への店舗展開を始める。

プロフィール

事業内容・
業態
元祖替玉10円とんこつラーメン専門店 博多三氣(はかたさんき)の店舗運営
事業規模 直営店12店舗 FC店2店舗
本社所在地 福岡県太宰府市通古賀3-11-11
URL http://hakata-sanki.jp/

背景・課題

様々な機能を持ったASPITシステムに注目!

アナログで管理をしていた仕入管理をシステム化したいと取引先に相談した所、ASPITシステムを始めいくつかのASPシステムの紹介があり検討を始めました。検討を進めていく中で券売機と連携ができる売上管理や従業員の勤怠管理など、一つのシステムで一元管理が出来る点、また加速する店舗展開において、業界での経験が浅い人でも簡単に操作し数値分析が出来る点、FC店舗も同一パッケージで管理が出来る点など総合的に判断してASPITシステムの導入が決定しました。

プロセス

社員が操作に慣れるよう、段階的にモジュールをリリース

ASPITシステムの導入は、売上管理システムと勤怠管理システムを先に行いました。毎月の店長会議の中でASPITシステムの操作説明会を実施し、運用開始前には各店舗を訪問し、店長以外の従業員にも打刻方法など説明。店舗がASPITシステムの操作に慣れていく中で、受発注システムの準備を進め、取引先にも操作の説明会を実施し稼働開始となりました。次に、店長が勤怠管理の操作に慣れてきた所で、シフト管理を導入。また、自社麺工場の拡張に合わせ、店舗から自社工場への受発注も開始しました。

効果と今後の展望

店長業務の軽減と本部人員の削減に絶大な効果

券売機からのデータが翌日には反映されている為、店舗からの報告を待たなくても売上を確認し、分析が出来るようになりました。また、店長も営業終了後の作業が少なくなり、以前より早く帰宅出来ています。本部機能も、店舗が増えても当初から人数を増やすことなく少人数で運営が出来ており、様々な場面で時間とコストの削減効果を実感されています。
今後は全国各地への出店も考えていますが、ASPITシステムを使うことが前提で進めていきたいとのことです。

ユーザー様の声

aspの導入に向けて他社といろいろ比較しましたが、売上の集計・分析や勤怠管理、受発注に加え、FC展開までをワンストップで実現できるのはアスピットだけでした。1社でまとまると操作性が共通化されるので、システム担当としては負担が全然違います。新しいシステムの開発も柔軟に対応してもらえるので、券売機やレジとの連動もスムーズに出来ました。
これからも現場のいろいろなわがままに応えていただけることを期待しています。

営業本部スーパーバイザー
田中 洋一郎様